ネット上にある求人媒体は使いやすい

  • 求人媒体の選択次第で就活の効率が変わる

    • 「求人媒体」というと、多くの人が「求人雑誌」「求人サイト」などを想像します。

      求人媒体の知識を増やしてみませんか。

      たしかにこれらは求人媒体の定義と合致しているとはいえ、問題は「求職者がその機会を得るための手段」を求人媒体と定義するのであれば、必ずしもそれらの媒体である必要はありません。



      要は、明らかに求職者が欲する情報を手に入れるための手段(媒体)となり得る「求人誌」「求人サイト」「ハローワーク」などに限らず、「新聞の求人欄」「街頭にある求人情報」などもすべて含めて求人情報(媒体)として認識することが大切だということです。
      これらの手段による違いは、条件面などの差もありますが、それよりも大きな差となり得るポイントが「採用率」です。

      アルバイトやパートで働くための求人情報を探しているならまだしも、正社員や契約社員という立場で働ける環境を探している場合には「選択肢」次第で結果が大きく変わってきます。
      たとえば、「希望している職種に就けるかどうか」「希望している待遇で働くことができるかどうか」は、求人票を見て応募する段階でほとんどが決まってしまいます。
      「何を期待しているのか」「目標としている環境が明確なのかどうか」などの根拠に基づいて選択肢を厳選し、最終的に納得できる結果を得られるような選択をすることが何よりも重要です。



      あらかじめ効率的な選択肢であることが分かっている場合は特に、より良い結果に近付けるような選択肢を優先的に選ぶことが大切です。

top