ネット上にある求人媒体は使いやすい

  • 求人媒体は採用コストを考慮して選ぶことが大切

    • 求人媒体には様々な種類があります。

      従来は紙媒体と言われる新聞の折り込み広告やフリーペーパーなどが主流となっていましたがインターネットが普及した現代においてはインターネットによる求人広告が効率が良く迅速に求人を行えるとして非常に広く利用されています。

      求人媒体に関しての情報を紹介しているサイトです。

      しかしインターネットによる求人広告は近年ではその効果が高いことから掲載料が割高になる傾向があります。

      双方向性を維持し迅速に求人を行うことができる反面、その情報を整理し優秀な人材を選ぶためには従来の紙媒体とは比較にならないインターネットやシステムに関する高い技術を要するため、これらの作業を委託するコストが非常に大きなものとなる傾向があります。



      求人媒体を選ぶ際に重要なポイントは迅速に良い人材を集められる事ですが、同時にできるだけコストを低く抑えて効率よく良い人材を集めると言う点にもあります。



      インターネットの求人広告の場合には迅速に広い範囲で募集をかけることができる反面、応募する人の年齢層や性別が無差別となる傾向があり、その人材の選抜に多くの手間を要してしまうことも少なくないのです。

      折込広告やフリーペーパーによる求人はインターネットによる求人に比べると迅速性には欠けますが対象を絞って募集をすることができると言うメリットがあります。


      若者向けのフリーペーパーは若年層を中心に人材を募集することができますし、新聞の折り込み広告は新聞の購読者である中高年齢層を中心に募集をすることができます。

      このような特定の年齢層を狙うことができる求人媒体も多いため、その特徴と効果を十分に利用して求人を行うことがコストをできるだけ抑える大きなポイントです。

top